スポンサーリンク

ジャズアレンジのピアノソロ楽譜を書く方法。

私の目標の一つだった楽譜の販売。
先日これがついに実現。

と言っても大手出版社とかいうわけではないし、個人販売なんだけどね。
それでもやっぱり一歩踏み出したのは嬉しかった。
曲は気に入ってるんだけど、デモ演奏は全然だなぁ。 🙄

だけど、いい時代になったね。
今は自分で物を作って自分で売る道が身近にあるからさ。

子どものころ、バスによく乗ったんだけど、
窓から空きテナントを探すのが好きでね。
どんな商品を並べようとか、立地とか、どんな人が来るんだろうとか、
よく考えてた。

今はネットを介してほぼリスクなく、何かを販売してみることは可能になった。

若い頃は自分を売りにするような価値観がちょっとあったんだけど、
年取ったからかな、何か物を売ってみたいという風に意識が変わってきたよ。

前置きが長くなったけど、そう初めてジャズの楽譜を書いた話ね。

クラシックからジャズへ。


数年前に、音楽事務所の面接を受けたときに、
隣に座っていたのが男性のピアニストさんで。
専攻同じだね、なんて話から「ジャズも弾く?」なんて訊いたら
「それは無理。俺がひいてもジャズになんないし。」って返ってきて、
ちょっと悲しかったの覚えてた。

まぁ、己を知るのは大事なことでもあるんだけど、
私の場合、やれば出来そうなことにはなんでも手をだしてみるようなところがあって。
ジャズってすごく都会的な響きで、センチメンタルで、ノスタルジックで。
出来るならやってみたいと思ったから、まずはジャズアレンジされてる楽譜を買ってきて弾いてみてた。↓こういうのとか。

クラシック出身だから楽譜があればとりあえず弾いてみることはできるのが助かるところなんだけど、
これを完全に一人でやるってなるには、どんな勉強をすればいいのかなぁと思って。
スケールとテンションの練習をしながら、そのアレンジ譜を楽曲分析することにした。
そんなわけで、けっこうアレンジ譜ってとっかかりになるし、
私の場合は初動ですごく助けられたアイテムだったから、誰かの役に立つはずだと思って。
これからもいろいろ作ってみたいと思ってる。勉強になるしね。

ジャズと楽譜の親和性

まずMIDI入力で弾いたものを譜面化しようと思うと、とんでもない楽譜、
人が読めるような代物にはならなかったんだよね。
それだけ複雑な(とくにリズムの面とか)音楽なんだなと思った。

まぁ、ジャズは記譜するようなもんじゃないとはよく言われたし、
今回身をもってそれを感じることができたんだけど、
そうは言っても、私がやろうとしてることは、
楽譜をよめる人やクラシック出身の人がジャズを弾くにはどうしたらいいか、
その糸口や突破口を世間に増やしたいってことだから、
王道じゃなかったとしても、この試みは続けたいな。

コツとか

記譜上はなるべくシンプルに書いて、弾くときに揺らしてもらうのが一番いいのかなとはおもった。
あと、クラシックって右手主役(多くは)だけど、ジャズは左手主役で考えた方がいいと思った。
まず左手で響きつくって、右は後から適当に散らすイメージ。
響き(背景、景観)が主役だと考えるってことだね。

既成曲のジャズ化

既成曲って結構ⅠⅡⅤⅠとかお決まりの進行が多くてね、
そのままだとポピュラーとか伝統の方角に引っ張る力が強すぎる気がする。
だから好みで適当にリハーモナイズする方が作りやすいかもしれないね。

弾きづらさ

ジャズって楽譜頼りで弾こうとするとほんとに難しいんだね。
だから理論覚えて弾けるように訓練する方が結果的には楽だと思う。
自分がここから出発したなんて、逆に驚き。
そして、私が購入したジャズピアノソロはもう少し弾きやすかったかな。
私もそういうものを作れるように、トライしていこうと思う。

まとめ

AメロBメロサビ大サビとおおよそ枠が決まってるポピュラーの世界は私には大変そうに見えるんだけど、シンプルな素材をスルメのように噛み続けて、壊したり転がしたり、都度雰囲気かえてくジャズが私は実はすごく好き。
いつも新しい気分で、一人のひとと深く付き合うような感じかな。
クラシック出身の方にも、おすすめしていきたいな。

スポンサーリンク

Related posts

Posted by 美月


PAGE TOP