スポンサーリンク

街歩き!サンジェルマン・デ・プレ/パリ6区

同じ様な建物ばかりで慣れないと分かりにくい、それがパリの街。出て来るのは通りの名、それがパリジャン。エリア別-街歩きシリーズは、そんななんぎだけど美しいパリを楽しく過ごすために作られました。

まずはここから… Let’s Start walking!

Eglise Saint-Sulpice
2 Rue Palatine, 75006 Paris

サンシュルピュス教会外観
うす暗く、どことなくくち果てた雰囲気のするサンシュルピス教会火事や落雷により何度も建設を中止されたという過去も、納得してしまいます。大きさはノートルダム大聖堂に次ぐ規模の幅58m高さ34m奥行113mパリで2番目に大きな教会です。
目の前はPl.St-Sulpice/プラース・サンシュルピスと言う名の広場になっており、すんだ空気が印象的。『4人の枢機卿の噴水』と呼ばれる噴水はVisconti/ヴィスコンティ、その迫力は一見の価値有り。 🙂
サンシュルピュス教会内部
内部には魔法学校のようなあやしい雰囲気もあり、期待を裏切りません。2003年発刊の書籍『ダ・ヴィンチ・コード』の主要舞台に選ばれたのも納得。Victor Hugo/ヴィクトル・ユゴーが結婚式を挙げた教会でもあります。

▶おすすめ 自転車で行く!パリの人気観光スポットめぐり<英語ガイド>

脇道に入ってみると… at street Saint-sulpice

Muji Saint-Sulpice
30 Rue Saint-Sulpice 75006 Paris
01 44 07 37 30

muji-at-saint-germain-des-pres
正面から向かって左の脇道は、Rue Saint-Sulpice/サン・シュルピス通りと呼ばれるショッピングストリートです。
この通りには、無印良品もあります。
MUJIはパリでも人気があり、市内に7つの店舗(サン・ラザール、レ・アル、バスティーユ、ボーグルネル、アレジアetc.)があります。

▶おすすめ 初心者大歓迎!セグウェイでめぐるパリ市内観光<英語ガイド>

おやつ通りへ three nice shops

5分ほど直進すると、Rue de Seine/セーヌ通りへ出ます。近くのお店を3つ書きます。

Arnaud Larher/アルノー・ラレー

arnaud-larher-sweets-shop
Arnaud Larher氏は、15歳の頃にパティシエであるギエルム氏の見習いとして修業を開始。その後パリへ移りDalloyau/ダロワイヨやFauchon’s/フォーションで経験を積み、1997年に自身のお店を立ち上げたそうです。(アルノー・ラレー氏のバイオグラフィー/公式HP参照)りんとした知的な甘さが印象的。

Arnaud Larher(洋菓子)
93 Rue de Seine, 75006 Paris
定休日/月曜

DaRosa/ダ・ローザ

da-rosa-cafe
Bd.St-Germain/サンジェルマン大通りを越えた所にあります、芳醇な香りが特徴の大人向けレーズンチョコのお土産が有名なお店。
2012年にはパリの高級街として有名なヴァンドームにも、もう1店オープンしました。

DaLosa(食事とお土産)
Saint-Germain>
62 Rue de Seine, 75006 Paris
Vandome>
9bis Rue du Mont Thabor, 75001 Paris

Le Procope/ル・プロコップ

パリ最古のカフェという異名を持つ。

1686年創業と大変歴史があります。カフェの他にお食事も頂けます。なんと営業は深夜0時まで。
この辺りは、お菓子やパンのお店、ビストロの多いグルメな界隈になっています。
是非1度は訪れたい有名店ばかりですね。

Le Procope(フランス料理)
13 Rue de l’Ancienne Comédie, 75006 Paris

▶おすすめ 馬車に乗ってロマンチックにパリ散策ツアー<パリ発>

さらに歩いて…

Bd.St-Germain/サンジェルマン大通りを下りていくと、見えてくる有名な教会。

サンジェルマンデプレ教会

Eglise Saint-Germain des Prés
3, Place des Saint-Germain des Prés 75006 Paris
M4 Saint-Germain des Prés

サンジェルマンデプレ教会
知的な雰囲気を醸し出すサンジェルマンデプレ教会は、パリに現存する最古の教会です。
元々は王族の墓としての役割を担っていました。
現在は改修工事が行われていますが、内部の見学が可能です。日曜には教会の横で路上コンサートがよく行われています。

ちなみに…ここから南へ進むとモンパルナス方面(14区)に出られます。
遠くに見えるモンパルナス
遠くに見えている大きなモンパルナスタワーが目印です。手前の赤く光っている所がMONOPRIX/モノプリなので、日用品などちょっとしたものも買えます。

▶おすすめ 電動自転車でめぐるパリ市内観光 パリの隠れた魅力を発掘!<日本語ガイド>

カフェがたくさん nice cafes & tea room

教会のすぐ近くにある有名なカフェたち。

Les Deux Magots/レ・ドゥマゴ

Les Deux Magots
6, place Saint-Germain-Des-Prés, 75006 Paris
朝食(午前)は12€~
Plat du jour(昼・夜)は25~30€

ドゥマゴカフェ
名前は店内にある2体の中華風陶製人形が由来。Paul Marie Verlaine/ヴェルレーヌやStéphane Mallarmé/マラルメなど19世紀の詩人、Jean-Paul Charles Aymard Sartre/サルトルやSimone Lucie-Ernestine-Marie-Bertrand de Beauvoir/ボーヴォワールといった20世紀の哲学者が集った文学カフェとして有名。

Emporio Armani Cafe
/エンポーリオ・アルマーニのカフェ

Emporio Armani Cafe
149 Bd Saint Germain 75006 Paris
年中無休

アルマーニのカフェ
ドゥ・マゴとは対照的な現代のお洒落カフェも道を挟んだ向かいに。ファッション好きにおすすめ。
混雑が心配な場合はネット予約も可能。

Laduree Bonaparte/ラデュレ・ボナパルト店

Laduree Bonaparte
21 Rue Bonaparte, 75006 Paris

ラデュレボナパルト
観光客と地元の人々が約半々の割合で来店。ショップとサロン・ド・テが併設されています。
1862年、Louis Ernest Ladurée/ルイ・エルネスト・ラデュレがパリにパン屋を開業。それから10年後に起きた火災を機に洋菓子店へ。20世紀に入ると、パリ万博がもたらした華やかな気運を読み、カフェとパティスリーを一体化させたサロン・ド・テをパリで初めて開業し成功を収めました。有名店の意外な歴史。

Rue Bonaparte/ボナパルト通りを北上するとセーヌ川の畔に出られ、オペラ方面へと続きます。

▶おすすめ パリの左岸をゆったりお散歩 3時間のウォーキングツアー<日本語アシスタント>

まとめ Summary


今回はパリ左岸、サンジェルマンデプレにある2つの教会と6つのグルメスポットをご案内させて頂きました。静けさとはなやかさが共存するゆったりとしたエリアですので、少し観光につかれた日にも最適な場所だと思います。 🙂 それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

Related posts

Posted by 美月


PAGE TOP