スポンサーリンク

一風堂ラーメンと近隣の観光スポットをご紹介。星の王子様専門店など。/パリ観光

パリの一風堂はセーヌ川を挟んで対岸に一つずつ、ルーブル店とサンジェルマン店の計2店舗があります。
昔ながらの住居が多いパリでのラーメン店開業は大変な苦労も伴ったそうですが、現在はパリ市民から愛される日本文化の1つとして定着しているようです。

ルーヴル店さん


こちらは地下鉄シャトレ駅から徒歩5分程の所にあるRue Jean-Jacques Rousseau/ジャンジャックルソー通りにあるルーヴル店さん。洗練された開放感あるデザインがお洒落です。冬場はテラス席に縦長の暖房器具が複数設置されます。テラス好きのパリジャンらしい文化で、こうしたお店が沢山あります。

近くには…

サントゥスタッシュ教会という大きな教会があります!教会めぐりはパリ生活の楽しみの1つなので、おすすめです。ポンピドゥセンターは外観が特徴的なので尻込みしてしまいますが、中にある近代美術館は一押しなので是非行って欲しいです。

ポンピドゥセンター・国立近代美術館の口コミ情報レビュー/パリ観光/美術館めぐり
今年、開館40周年を迎えたポンピドゥーセンターは図書館と美術館が一体となった文化施設。上階を占める近代美術館は、20世紀初頭から現代までの作品(それ以前の作品はルーブル及びオルセーに収蔵)を扱っており、また閉館時間が遅いことでも有名です。お菓子屋さんが...

サンジェルマン店さん

Rue Grégoire de Tours/グレゴワールドゥトゥール通りに面したサンジェルマン店さんは、サンジェルマン・デ・プレの中でも飲食店の多い界隈に存在しています。こちらはルーヴル店と比べると非常にラーメン屋さんらしい外観ですね。女性はちょっと入りづらい雰囲気かも?

近くには…

お隣になんと星の王子様の専門店があります。セットで観光出来るのが便利ですね!私も王道ですが『星の王子様』のフランス語版を買いました。他にも色んな言語がありましたよ。文具、小物、食器なども置いてあります。店員さんも気さくで優しい人でした。ちょうどクリスマス前で飾り付けをしていました。

Boulevard Saint-Germain/サンジェルマン大通りを挟んで反対側になってしまいますが、サンシュルピス教会という教会もあります。ローズラインのある教会として映画『ダヴィンチ・コード』の主要舞台となりました。近隣のカフェと合わせて書いた記事がありますので、のせておきます。

街歩き!サンジェルマン・デ・プレ/パリ6区
同じ様な建物ばかりで慣れないと分かりにくい、それがパリの街。出て来るのは通りの名、それがパリジャン。エリア別-街歩きシリーズは、そんななんぎだけど美しいパリを楽しく過ごすために作られました。まずはここから… Let's Start walking!■ Eglise Saint-...

まとめ-ラーメンの味について

あれは雨が降るとても寒い日で、電車が止まってしまったついでに立ち寄ったのですが、すごく「美味しい」と感じました。一風堂は日本で高田馬場店によく行っていたのですが、あそこは学生街ということもあって、「食べ物、パンチ、胃を満たす、オラオラ」という域で戦っている食べ物でした。しかしパリで食べた一風堂ラーメンからは、日本とは何か、日本の美とは何なのか、フランスから見た日本とは、そういった哲学が沁み出ていたのです。ラーメンは出汁とも言いますが、精神性が食べ物の出汁にもなることを、私はこの日初めて知ったのでした。

スポンサーリンク

Related posts

Posted by 美月


PAGE TOP