スポンサーリンク

パリのお正月-お節料理とガレット

新年明けましておめでとうございます。
皆さまはいかがお過ごしですか?

私にとってお正月は1年で一番好きな行事ですので、今年は初詣に行けず、歌番組も見られず、少し寂しかったです。
凱旋門の方ではカウントダウンと花火の打ち上げがあったようです。

元旦はパリにあるものでお節風詰め合わせを作って過ごし、その後はフランス恒例のガレット・デ・ロワも食べましたよ。

お節っぽいもの

パリでお節
洋風伊達巻…はんぺん、ミキサー、オーブンがあれば理想的なのですが、今回ははんぺん無し、フライパンのみで作りました。卵は本当に不思議な食材で、混ぜ方を変えるだけで仕上がりにバリエーションが出来るんですよね。私も把握出来ていなくて、なんとなくこんな感じ?からの出たとこ勝負なのですが、今回は卵白・卵黄分けずにひたすら泡立てたものを、バターを広げた熱々のフライパンに流し込み、高さが出て気泡が浮いてきたパフパフの卵をなるべく巻き目が茶色く残るように巻いて行きました…。円形に近くは出来ませんでしたが…予定よりは上手に出来ました!

むき海老のソテー…モノプリに売っていたサラダ用のむき海老をフライパンでソテー(お醤油で味付け)したシンプルな一品です。海老は脂質が少なくタンパク質が多いので助かります。

さつま芋の金団…湯がいたさつま芋をスプーンで潰してハチミツで甘く味付けしました。

こんにゃくの煮しめ…これは個人的に大好きなおかずです!!!椎茸とこんにゃくを茹でて、お醤油とみりんで味付けしました。瞬速で食べきりました。

レトルトのお赤飯、冷凍の蒲鉾、真空パックの黒豆もサンタンヌ通りで見掛けましたので、パリでもそこそこのお節は用意出来そうです!:)
お蕎麦の購入も忘れずに!

注文のお節なら…

ちなみにこんな広告も見掛けました。同じく、サンタンヌ通りの十時やさんです。
おせちのチラシ

新年といえば、ガレット・デ・ロワ

お待ちかね、ガレット・デ・ロワ。
ガレット・デ・ロワ
私は近所のLa Croissanterieで買ってきました。8.5€でした。
フランジパン(アーモンドの煉り切りみたいな…)がオーソドックスですが、中身がチョコのガレットも置いてありました。

その場で一番若い人の無垢な手でカットされるべきなんだそうですが、今回はあまり無垢でないだろう私がカット……したせいか
IMG_20170103_154142
切り分けが済む前にナイフがコツンと当たってしまい…ました…。
何はともあれ、可愛いロバさん!!!登場!!

まとめ

フェーブはキリスト教にちなんだものが多いそうですが、最近は色んなもの(飛行機、車、スニーカー、動物など…)があるようです。
主役である赤ちゃんフェーブ(イエス様)も良かったですが、ロバも可愛くてうれしいですね。

今年も皆さまにとって実り多い一年となりますように。
そして、少しでも平和な一年であることを願って。

スポンサーリンク

Posted by 美月


PAGE TOP