ギュスタブ・モロー美術館の見所レビュー/パリ観光/美術館めぐり

Rue de la Rochefoucauld/ロッシュフコール通りにひっそり佇むギュスタブ・モロー美術館は“パリで一番分かりやすい美術館”としてお薦めしたい。と言うのも、それほど混雑する美術館ではないのでゆっ ...

記事を読む   ギュスタブ・モロ ...

狂気の画家Karel Appel/カレル・アペル氏の作品をパリ市立近代美術館MAMで見た。/パリ観光/美術館めぐり

こんにちは。パリ市近代美術館に行ってきたよー。役に立つ情報を書きたいと言いつつ、今回はこんな書き出しになってごめんなさい…。地下鉄イエナが近いけど、私はボワシエールから歩いたよ。結構難しくて、同じ道をぐるぐるしました。

記事を読む   狂気の画家Karel ...

国立自然史博物館<古生物館>の口コミ情報レビュー/パリ観光/美術館めぐり

先週ここを訪れてからと言うもの、私の気分は良くなかった。単に体調が悪かったせいかもしれないが、きっとそれだけではないだろう。要するに妖術的な場所だった。地球の歩き方-パリ&近郊の町によれば、ここは「古生物館」という名称(日本語訳)なの ...

記事を読む   国立自然史博物館 ...

家族で楽しいフランスの人形劇。愛すべきguignolギニョルとは?/子どもと一緒にパリ観光

フランス人なら誰もが知っているというguignol/ギニョル氏。彼は人形劇の主人公で、黒い帽子に首のリボン、後ろに結んだ三つ編の髪が特徴だ。既存の様々なお話に登場しては悪と戦い、善きを助け、原作にはいないはずの人物でありながら実に生き ...

記事を読む   家族で楽しいフラ ...

アンリカルティエブレッソン財団(写真美術館)の口コミ情報レビュー/パリ観光/美術館めぐり

Henri Cartier-Bresson/アンリカルティエブレッソンは20世紀に活躍したフランスの写真家。シュルレアリスムの影響を受けた他、構図と瞬間の融合に秀で、写真における表現性の側面を大きく切り拓いた。財団は2003年5月、本 ...

記事を読む   アンリカルティエ ...

ポンピドゥセンター・国立近代美術館の口コミ情報レビュー/パリ観光/美術館めぐり

今年、開館40周年を迎えたポンピドゥーセンターは図書館と美術館が一体となった文化施設。上階を占める近代美術館は、20世紀初頭から現代までの作品(それ以前の作品はルーブル及びオルセーに収蔵)を扱っており、また閉館時間が遅いことでも有名で ...

記事を読む   ポンピドゥセンタ ...

ヴィクトル・ユゴー記念館の見所と情報/パリ観光/美術館めぐり

ヴォージュ広場の真横にあります、ヴィクトル・ユゴー記念館はユゴーが30歳から46歳まで実際に暮らしたアパートを改装して作られた美術館です。常設展が無料で開放されています。(任意の募金箱も入口にあります。)

■ ヴィクトル・ ...

記事を読む   ヴィクトル・ユゴ ...

楽しい!パリの香水博物館の見学方法

フラゴナール直営の香水博物館が、2015年9月、オペラ地区に新たにオープンしました。

■Musée du Parfum (Haussmann Fragonard)
5 Square de l’Opéra ...

記事を読む   楽しい!パリの香 ...

国立クリュニー中世美術館の見所レビュー情報/パリ観光/美術館めぐり

パリの学生街Quartier Latin/カルチェラタンにあるMusée de Cluny-Musée national du Moyen Âge/国立クリュニー中世美術館。かつてここには3世紀に亘りローマ公衆浴場があった。14世紀に ...

記事を読む   国立クリュニー中 ...

サン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会の見所情報レビュー/ク―プランのオルガン/マレ地区/パリ観光/

マレ地区にあります、サン・ジェルヴェ・サン・プロテ教会。
パリ市庁舎からセーヌ川沿いを東に少し進むと、その姿が見えてきます。

どんなところ?How was it?

教会の周囲はとても静かで、人通りも少なく、扉を開けて ...

記事を読む   サン・ジェルヴェ ...

マルモッタン・モネ美術館

M9/LaMuetteで待ち合わせをして向かった先は、マルモッタンモネ美術館でした。

友人は印象派絵画が好きなようで、私はどちらかと言うとポスト印象派が好きなのですが、ものは試し。

運良く、企画展でボ

記事を読む   マルモッタン・モネ美術館

サントゥスタッシュ教会の朝市マルシェとコンサート/パリ観光

RER A,B,D線とM1,4,7,11,14番線の走るChâtelet/シャトレ駅から徒歩5分の所にありますサントゥスタッシュ教会。現在は一部改修工事中のようですが(中には入れます)、奥行き100mの大変大きな教会で、市民からも人気 ...

記事を読む   サントゥスタッシ ...

PAGE TOP